ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

オバマと関係する活動家たちのトランプに抗議するための「訓練マニュアル」

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.2.17>

<抄訳>
オバマとつながりのある活動家グループは、トランプ大統領の政策に抗議するために数万人の扇動者のトレーニングをしており、それらの政策に賛成する共和党議員が議会の休会中に帰宅してタウンミーティングや他の活動を行う今週、より一層激しく非難する計画だ。

オバマが創設したグループであるオーガナイジング・フォー・アクション(Organizing for Action:OFA)は、オバマの大統領引退後の新しいWebサイトでも目立って取り上げられているが、反トランプ活動家に対して訓練マニュアルを配布しており、その中では共和党の議員を脅してオバマケア廃止やリスクの高いイスラム系国家からの移民を抑制し、国境に壁を建設することへ支持を取り下げさせるよう助言している。

新たなフェイスブックの投稿では、OFAは「議員たちが自分たちの地元の地域に帰っている」2月26日まで共和党に対する抗議に参加するよう活動家たちに呼びかけている。

そのマニュアルの中で、抗議者は警戒されないようにホールに静かに入り、「会場の前列の席を取って全員が一緒に座らない」ように助言している。むしろペアになって広がって会場全体が共和党の主催者の立場に反対しているように見せかけるというのだ。「これによって広いコンセンサスが強調される」、と。また、強固に反対するような質問をして(マイクをしっかり持って)、その共和党の政治が本当の回答をしなければ大声でブーイングするように勧めている。

イベントが終わったら抗議者はビデオ撮影した内容を地元や全国のメディアに出すことを勧めている。

そこには、共和党議員にとって「好ましくないやり取りがビデオに録画されて」、「それがソーシャルメディアで共有され、地元や全国で取り上げられれば」壊滅的な打撃になると書かれている。例えばチャフェッツ議員と口論する動画をMSNBCやCNNに渡せば、メディアがそれを絶え間なく報道してチャフェッツ議員が自己弁護の声明を出さざるを得なくなるということだ。

木曜日にトランプ大統領は医療保険制度改革(オバマケア)を廃止して置き換える計画を推し進めていると主張した。大統領は、「オバマケアは最悪だ」と語り、その廃止に抗議する活動家たちが共和党のタウンホールや他のイベントをハイジャックしていると付け加えた。

大統領は、「彼らはどうやってきたのかと思うだろうが、我々の集会に詰めかけている。」「しかし、彼らは我々の議員がその代表となっている共和党の人々ではない」と語った。

報道によればOFAは全国に250か所以上の事務所を誇り、32,000人以上の組織者がおり、加えて25,000人がトレーニングを受けているということだ。OFAは「社会福祉」のための非営利団体として寄贈者を公開する必要はないのだが、11月以来スタッフと資金を強化している。

これらはBlack Lives Matter やOccupy Wall Streetデモのようなものではなく、むしろ専門的に訓練された組織者であり、彼らは6週間のトレーニングプログラムを受けている。その訓練はアリンスキーの扇動戦術に染まったものであり、オバマもコミュニティ組織者であったときにシカゴで受けたものだ。

オバマは反トランプ抗議の背後にいることが明らかになっている。彼はトランプの入国禁止大統領令に反対する最近のデモを称賛していた。そして昨年、トランプの番狂わせの勝利の後、個人的にOFAの部隊を集めて自分の遺産を「守る」ように電話会議を行ったのだ。「今こそ組織すべき時だ。だから選挙の結果にふさぎ込んではいけない」と、彼は語っていた。

-記事翻訳