ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

トランプ大統領の言葉

トランプ大統領の今週の演説(3/10)

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2017.3.10>

トランプ大統領の3/10の週次演説です。今回は、特に医療制度改革についてスピーチしています。

(以下書き起こしから全文翻訳)

アメリカの皆さん、

3月は女性史月間であり、女性の指導者、科学者、起業家がアメリカの歴史を通して果たしてきた数え切れない業績を称える月です。

クララ・バートン、スーザン・B・アンソニー、そしてハリエット・タブマンなど数多くの女性のおかげで、私達の国は今日、より偉大で強く公正になっています。

私達は彼女たちを称えるとともに現在のアメリカのすべての女性のためのより良い未来を再度心に誓います。

就任から50日を迎える今日、私達の国のすべての家庭にとって最重要の課題、つまり医療についてお話ししたいと思います。

今から7年前の同じ月に、アメリカ国民のまったくの反対を押し切ってオバマケアが署名され法として成立しました。私たち市民は、オバマケアを通すように言われましたが、結局それがどういうものでありどれほど悪いものかに気づく事になったのです。

今私たちは、その何百というページが果たされていない約束だらけであることを知っています。

アメリカ国民は、オバマケアは平均的な家庭の保険料を2千5百ドルに抑えると約束されました。ところが、それが4千ドル以上に上がってしまっています。

アメリカ国民は、オバマケアは競合を増やして選択肢が増えると約束されました。ところが、選択できるプランの数は激減しました。激減してしまったというのです。

今年、アメリカ人の約3分の1がエクスチェンジ(保険市場)から1つの保険会社しか選択できないというのです。つまり、実質、選択の余地がまったくないということです。

アメリカ国民は、自分の保険会社や医者が気に入っているならそれを変える必要はないと約束されました。ところが、何百万ものアメリカ国民は自分の気に入っていた保険会社や医者を失い、コストの上昇と補償範囲の低下という冷たい新たな現実に追い込まれたのでした。

7年に渡る失敗、急騰するコスト、計画の撤回、そして官僚的な指示を通して、アメリカ国民は救済を求めてきました。そして私たちは彼らに救済をもたらそうと決意しているのです。

私は、オバマケアに対する対応が急務であることをすべてのアメリカ国民に知って欲しいのです。

その法律は私達の周りで崩壊しつつあり、このがれきの中からアメリカ国民を救うために活動しなければ、私達の医療制度を崩壊させることになるでしょう。私達が何もしなければ、さらに数多くのアメリカ国民が損害を、ひどい損害を受けることになるのです。

ですから私たちはオバマケアを撤廃し、置き換えなければなりません。

共和党の下院議員が、このひどい法律を取り除き、州と消費者に力を与える改革によって置き換える計画案を提出しました。

皆さんは、自分の家庭にとって最適な判断をするための選択と自由を得ることになるでしょう。

下院の計画案は、私が最近議会で演説した中で述べた、選択肢を広げ、コストを下げ、すべての人に医療を提供するというガイドラインに従っています。

この計画案は、三方面からの改革プロセスの一環です。議会に諮る案と合わせて、トム・プライス保健福祉長官に、彼の権限で医療コストを引き上げている規制を緩和させるよう指示を出しました。

また私達は、国民が州境を超えて健康保険を買うことができるようにするといったように、医療コストを下げる改革にも取り組んでいます。

アメリカ国民のための医療制度を向上させるため、民主党にも協力をお願い致します。

私達は、アメリカ国民の自由と選択と機会を増やすことによって、現在オバマケアによって打ちひしがれているアメリカの労働者、家庭、そして小規模事業者に、救済をもたらします。

ありがとうございました。

-トランプ大統領の言葉
-

関連記事

ホワイトハウスの情報漏洩者はケイティ・ウォルシュか?

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.31> 複数のホワイトハウス情報筋は、前次席補佐官ケイティ・ウォルシュ(プリーバス首席補佐官の側近で木曜日に次席補佐官から外された)の後任についての協議 …

トランプ大統領がチボクの女子生徒をホワイトハウスに招待

<引用元:ホワイトハウス 2017.7.6> 2014年4月14日の夜、ボコ・ハラムのテロリストがナイジェリアのチボクの公立女子中学校を襲撃した。彼らは警備員に偽装して侵入し、少女たちを学校から連れ去 …

トランプがホワイトハウスに復活させた「メリー・クリスマス」

ホワイトハウスの発表した動画によれば、オバマ前大統領の就任後、ホワイトハウスのイーストルームに置かれなくなっていた、キリストの生誕を描いた飾りが復活したようだ。

ドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領の電話会談

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.5.2> アメリカ合衆国のドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領は、本日シリアに関して会談した。

ホワイトハウスはクリスマスまでに刷新される=セバスチャン・ゴルカ(インタビュー)

<引用元:Circa 2017.10.12> セバスチャン・ゴルカ氏は、スティーブ・バノン元首席戦略官と共に7カ月間トランプ大統領の副補佐官を務めた。Ciraとのインタビューではホワイトハウス時代につ …