ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

投稿日:2017年3月31日

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30>

(抄訳)

報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながりに関する捜査において証言を申し出たと言われている。

ウオールストリートジャーナルが木曜日に伝えた記事によると、フリンは、彼の証言がもたらすいかなる不正行為の発見に対しても免責されることを求めたという事だ。

その記事によると、フリンは自分の弁護士を通してFBIと両院の情報委員会に申し出を行ったとされている。同紙によると当局はまだ合意していないという事だ。

フリンが捜査当局に証言しようとしている内容の詳細は明らかにされていない。

フリンはロシア政府職員とのやり取りに対する複数の審理からの圧力に直面しており、そのやり取りには彼が2016年のトランプの選挙運動に加わる前に3つのロシアの企業から講演料が支払われていた事と、ロシア大使との会話が含まれている。

民主党が引き続きトランプとロシアとの関りに対する捜査を要求する中でフリンの証言の申し出が出ている。これまでにトランプやその選挙陣営とロシアとの直接的なつながりを証明するものは見つかっていない。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプ資料の背後の怪しげな会社が捜査を行き詰まらせている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.24> ドナルド・トランプについての怪しいインテリジェンス資料の委託先であったワシントンの秘密主義の会社は、彼らの民主党とのつながりについて追求しようとす …

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局