ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

トランプがオバマの欠点を非難:「事実私が彼のレッド・ラインをカバーした」

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.1>

ドナルド・トランプは、バラク・オバマは2012年にシリアで設定したレッド・ラインについて実行に移さなかったが、彼はそれを実行したと語った。

「FOXニュース・スペシャリスト」のエリック・ボリングとのインタビューの中で、大統領は北朝鮮に対する自分自身のレッド・ラインを持っているか質問された。彼はオバマの設定したレッド・ラインから学んだと語ったが、それは、もしバッシャール・アル=アサドがシリアで化学兵器を使用したらアメリカ軍の行動の正当な理由となるという意味で前大統領が2012年に明確に述べたものだ。

アサドは化学兵器を使用したがそれが実行されることはなかった。

「私はオバマ大統領とは違います。レッド・ラインを、あなたの言うようにはっきりした線を引いておいて多くの悪い事が起きても、彼はそのレッド・ラインにきちんと対応しませんでした」とトランプは語った。「事実私は、シリアで彼に変わって彼のレッド・ラインをカバーしたのです」

「しかし、今後の情勢を見守ろうということです。韓国を見れば、日本やその他の国を見れば、それは我々と他の多くの同盟国にとって非常に大きな脅威です。非常に恐ろしいことが続いています。そして彼の発言は非常に扇動的です。それはひどいものです。ですから見守らなければなりません。私はレッド・ラインを設けたくはありませんが行動すべきであれば行動します」

「私は軍事的な事になるとほとんど何も言わないことでとても有名でした」と彼は続けた。「4カ月でモスルに侵攻すると発表したとき、それからあと3カ月、2カ月となり、我々は来週入ろうとしています。私はなぜ彼らはそのように言い続けるのかと私は言いました。モスルでは非常に短い戦闘であるとされていたのです。それでどうしたか?敵はやって来ることを知っているのでまだ続いているのです」

「それについて話さないだけなのです。やるべきことをやってそれについては話しません。それで人々は言うのですが、昨日も私は質問されました。一体いつやるのか、いつ侵攻するのかと。それは本当にばかげたことです。それについては話したくありません。彼はとても大きな脅威であり、世界にとって大きな脅威だと、これだけ言うことができます・・・」

ボリングはトランプに非武装地帯のアメリカ兵がどれだけ安全か尋ねた。

「安全な者は誰もいません」と彼は述べた。「つまり、誰が安全だというのでしょうか?その人物は核兵器を持っています。彼らはとても安全だと私は言いたいところですが。彼らは立派で勇敢な兵士たちです。彼らは状況が分かっています。我々は2万8千の兵士を配置させていて、彼らはそこにいます。ですから誰も安全ではありません。ここにいる我々もおそらく安全ではないでしょう」

「彼が長距離のミサイルを手に入れれば、私達も安全ではありません。ですから我々はそれについて何か行動しなければなりませんが、いずれ分かるでしょう」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トランプを貶めようとした民主党の目論見はオバマの疑惑を生み出す結果に

<引用元:ブライトバート 2017.3.21> FBIとNSAが月曜日のアメリカ下院情報委員会での証言で、オバマ大統領がトランプタワーでの盗聴を行わなかったことを確認すると、主流メディアはまるでウィン …

レポート:オバマ政権の司法省は2016年6月にトランプ陣営顧問に対する極秘監視命令を取得していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.11> FBIと司法省が昨年夏に、当時の大統領候補であったドナルド・トランプの顧問の通信内容を監視するための極秘の捜査令状を取得していた事を、火曜日に …

トランプの盗聴疑惑に関する多くの疑問(と、いくつかの答え)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.6> 先週末からの、オバマ大統領がトランプに対する盗聴を命じたとするドナルド・トランプの主張は、トランプのアドバイザーとロシア政府とのつながりに対する継続中 …

マティス=北朝鮮の脅威に対処するための軍事的解決策は整っている

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.10> ペンタゴンのアメリカ軍戦略家は、北朝鮮の高まる脅威に対処するための軍事的な解決策の準備ができている。しかし、ワシントンと同盟国が外交努力を続けるこ …

シリアについてゴーカ補佐官:「これは全面的な軍事展開ではない、ピンポイントのミサイル攻撃に過ぎない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.7> 大統領補佐官であり、ブライトバート・ニュースの国家安全担当編集員を務めたこともあるセバスチャン・ゴーカ博士は、シリウスXMラジオでラヒーム・カッ …