ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

コミーが「いなくなって清々した」と語るFBI捜査官たち

投稿日:2017年5月13日

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.12>

ワシントン発。アンドリュー・マッケイブFBI長官代行は木曜日の上院情報委員会で証言に立ち、ジェームズ・コミーFBI前長官は当局内で広く支持されていたと主張したが、デイリー・コーラーはコミーが去ることを長い間願っていた捜査官がいるという情報を得た。

火曜日の夜、コミーの解任を受けてデイリー・コーラーに寄せられた3名の特別捜査官によるコメントには、「いなくなって清々した」という話と解任は「遅すぎた」という話が含まれていた。

彼らの職場の他の捜査官もコミーの解任の事を噂しており、彼が辞めることを気に留める者はほとんどいなかったというのが、それらの捜査官達の一致した意見だった。

「我々には『政治屋』は必要ありません」と統合テロ対策タスクフォースのある捜査官は言った。

別の捜査官は、「彼は良い仕事をしていなかったのでそうなると予想されていました。彼が自分でそれを招いたという事です」と語った。

ある捜査官は、「FBIは捜査機関です。彼はそれを越えてしまっていた。彼は自分がやるべき範囲を超えていたのです」

マッケイブ長官代理に関しては、その3名全員が彼を信用しておらず、彼らのそれぞれの部署で一緒に働いている同僚も同じように感じていると述べている。

新しいFBI長官に対する予想はどうだろうか?捜査官達は皆、現在当局で担当部長補佐を務めるポール・アッベイトが好ましいと考えていた。アッベイトはその地位のための面接予定の短いリストに挙がっている候補者の1人だ。

-記事翻訳
-

関連記事

FBIには『癌』が巣食っている:マッケイブ副長官と係争中の元FBI捜査官が語る

<引用元:CIRCAニュース 2017.8.30> 元FBI管理官ロビン・グリッツは、テロリストとテロ組織を追跡し、敵国に人質として囚われた米国人の捜索に明け暮れる過酷な日々を忘れない。グリッツの16 …

ディープ・ステートがトランプの破滅のために起こした「全面戦争」に関するFBI報告書を暴露した新刊:エドワード・クレイン

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017/10/29>(By エドワード・クレイン) ディープ・ステートの存在に疑問を投げかけようとする主要メディアの取り組みは、永続する連邦政府官僚内部の不正に関 …

トランプは捜査対象ではない:トランプの弁護士

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.18> トランプの弁護士、ジェイ・セクローは日曜日に、大統領のツイートに反してドナルド・トランプはロシアとの共謀や司法妨害の捜査対象となっていないと述べた。

新事実:コミーはFBIの捜査が終わる前にヒラリーの不起訴を決めていた

<引用元:タウンホール 2017.8.31> 上院司法委員会が8月31日木曜日に公開した新たな記録によると、FBIのジェームズ・コミー元長官は、重要証人の聴取を行うずっと前に、民主党大統領候補のヒラリ …

オバマはトランプが非難されていることを行っていた:ラッシュ・リンボー

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.17> 保守派のラジオパーソナリティのラッシュ・リンボーは、全国で配信されている彼の水曜日の番組の中で、ニューヨーク・タイムズの記事でマイケル・フリン …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局