ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

「FBIの捜査を止めるような要求を受けたことはない」=コミーの宣誓証言

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.17>

ドナルド・トランプ大統領がマイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官に対するFBIの捜査を止めようとしたというジェームズ・コミー前FBI前長官のメモとされているものについて、水曜日にツイッターで議論が起きた。

ある記者は、コミーが今月初めの上院公聴会の宣誓証言で当局の捜査に対するいかなる干渉も否定していたとツイートした。

The Rebel.mediaのワシントン支局チーフのジャック・ポソビエックが、それについて水曜日にツイートした。


メイジー・ヒロノ上院議員(民主党、ハワイ州)はコミーに投げかけた質問の中で厳密にトランプについて質問したわけではなかったが、その質問というのはコミーが上位の権力者によってFBIの捜査を止められたことがあったか否かというものだった。

「それではもし司法長官や司法省の幹部が特定の捜査に反対した場合、彼らはそのFBIの捜査を止めることができますか?」とヒロノは尋ねた。

「理屈の上ではできます」とコミーは答えた。

「それが実際に起きたことはありますか?」ヒロノは質問した。

「私の経験ではありません。なぜならFBIに、適切な目的なしに、そのようなことを止めさせるのは重大なことになるからです」とコミーは回答した。

「つまり、事件性が認められないのでそこに資源を投入するのをやめるべきだと意見されることはよくあります。しかし、私が言っているのは政治的な理由で止めるように言われるという状況のことであり、それは非常に大きな問題でしょう。

私の経験ではそのようなことは起きていません」とコミーは述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

情報機関幹部はトランプがロシア疑惑の捜査に圧力を掛けたことを否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.7> 国家情報局と国家安全保障局の長官が、水曜日に、継続中のロシアの捜査についてトランプ大統領から圧力を受けたことはないと証言し、最近報道された内容は否定さ …

オバマ政権幹部が数百回の身元開示要求をしていたことを情報委員長が非難

<引用元:The Hill 2017.7.27> (抄訳) 下院情報委員長は、2016年の大統領選挙の期間中、諜報報告書中のアメリカ人の氏名開示要求を数百回出していたとして、オバマ前大統領の政権幹部を …

トランプ:「シリアに深入りするつもりはない」

<引用元:ニューヨークポスト 2017.4.11> トランプ大統領は、彼の側近がシリアについて異なる見解を述べており、彼の方針が混乱しているという不満が出ている中、きっぱりと疑惑を一掃した。

ミュラー特別検察官はトランプがコミーに糾弾されたことと同じことをやっていた:書籍より

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.10> ジェームズ・コミーFBI前長官は上院の議会証言で、当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンを捜査から放免させるよう「指示」を与えていたと訴えた …