ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

ホワイトハウス内部のリーク犯判明か(報道)

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.22>

ワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network:OANN)のホワイトハウス特派員、トレイ・イングストは、ドナルド・トランプ大統領のホワイトハウスから大量に情報をリークしていた3名の人物が判明したと伝えている。

イングストによると3名の職員が判明しており、ホワイトハウス内部からの情報リークで彼らが果たした役割についいて政府倫理事務所で調べているということだ。主要報道機関へのリークはトランプ政権の初期に絶えず政権を悩ませてきており、政権の重要な成果を損なうような絶妙なタイミングでリークが起きていた。

イングストは、彼の情報提供者から得た話として、トランプ大統領は中東を含む今回の画期的外遊からワシントンに帰り次第、「複数の人物」を解任するだろうと主張している。それらの歴任を負うべき人物に対しては刑事訴追もテーブルの上にあることがほのめかされている。

機密情報を無許可で公開することは犯罪である。政府倫理事務所自体は検察機関ではないが、犯罪行為が行われたことが確定すれば、職員を法執行機関に差し向けるか他の懲戒処分を促すことになる可能性がある。

ブライトバート・ニュースはOANNの報道を今のところ単独では確認できていない。

(訳注:イングスト氏の関連するいくつかのツイートは上のツイートを除き本人が削除しており、彼は改めてはっきりした情報を投稿すると書いています。)

-記事翻訳
-

関連記事

NSA委託業者がロシアのハッキングに関する極秘情報のリークで告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.5> 連邦の委託業者が、2016年大統領選挙でのロシアのハッキングに関する「極秘レベルの」情報を含む機密報告書をリークしたとして、先週末逮捕され告訴された。

ジェームズ・コミーがニューヨーク・タイムズ訪問を目撃される-会話の録音が無いとのトランプの表明後

<引用元:デイリー・メール 2017.6.23>(抄訳) ジェームズ・コミーFBI前長官は木曜日に、ニューヨーク・タイムズに密かに訪れた。6月8日に上院情報委員会でトランプ大統領についての話を同新聞社 …

トランプ:「シリアに深入りするつもりはない」

<引用元:ニューヨークポスト 2017.4.11> トランプ大統領は、彼の側近がシリアについて異なる見解を述べており、彼の方針が混乱しているという不満が出ている中、きっぱりと疑惑を一掃した。

マクマスターはスーザン・ライスに継続して機密情報アクセスを認める書簡を送っていた

<引用元:Circa 2017.8.3> スーザン・ライスは、オバマ前大統領の国家安全保障担当補佐官を務めていた際に、トランプ陣営とアメリカ市民の身元開示を行ったことが発覚した。その1カ月後、トランプ …

オバマ政権幹部が数百回の身元開示要求をしていたことを情報委員長が非難

<引用元:The Hill 2017.7.27> (抄訳) 下院情報委員長は、2016年の大統領選挙の期間中、諜報報告書中のアメリカ人の氏名開示要求を数百回出していたとして、オバマ前大統領の政権幹部を …