ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

ウッドワード氏が「うぬぼれた」メディアに警告:トランプは任期を全うするだろうし2期もあり得る

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.24>

水曜日のAxiosとのインタビューの中で、ウォーターゲート事件で名声を馳せたワシントン・ポストの記者であるボブ・ウッドワードは、マスコミがドナルド・トランプ大統領について「ある種のうぬぼれ」を持っていると述べた。

ウッドワード氏はマスコミの「うぬぼれ」について聞かれると、「そうです。それが大きな問題です。特にテレビでは、ホワイトハウスの特派員が報道するとき、『トランプのホワイトハウスの話では・・・』と言って、それから一種のうぬぼれた笑みを浮かべるのです。そうやって特派員がホワイトハウスの言うことをないがしろにしています。そしてそこには根拠があるのかもしれませんが、それは報道されるべきなのです。それは正しくやるべきです」

彼は続けた。「私は、多くの人々がトランプの大統領としての地位をまるで試用期間であるかのように、暫定的なものであるかのように扱っていると思います。今朝、トランプは一般投票で勝てなかったのだから大統領として半分しか勝利していないと主張しているコラムを読みました。彼は大統領です。おそらく4年の大統領の任期、もしかしたらそれ以上を全うする見込みがあります。あまりにも多くの人々が、いつ弾劾が行われるのか、どれだけ長く続くのか、夏を越せるだろうかといったようなことを書いていて、まるで過呼吸のようなこのような感覚があります。そうではありません。問題が出てくることもあるかもしれませんが、それは確かな証拠でなければなりません。私はその状況を心配しています。人々のその状況に対する認識について心配しているのです。それはトランプ支持者のことだけではなく、言っていることに一種のうぬぼれが見られる人々のことです。彼は選挙で選ばれたのです。憲法では任期を全うすることになっています」

<参考:ボブ・ウッドワード氏について>

ウィキペディアより引用

ボブ・ウッドワード(Bob Woodward, 1943年3月26日 – )は、ワシントンポスト紙編集主幹。カール・バーンスタイン記者とともに、ウォーターゲート事件における卓越した調査報道 (Investigative Reporting) で有名。
単なる侵入事件と見られていたウォーターゲート事件をバーンスタインとともに調査。FBI副長官になっていたフェルトの協力もあり、ウォーターゲート事件におけるニクソン政権の組織的な関与を裏付けた。後に同事件は全国的な注目を浴びることになり、政権からのさまざまな圧力に屈しなかったポスト紙と二人の記者はピュリツァー賞を受賞した。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

ゴルカ氏=長期的な懸念の対象は中国

トランプ大統領の元副補佐官、セバスチャン・ゴルカ氏は、Daily Signalのインタビュー(12月4日掲載)に答え、トランプ氏がなぜ左翼やメディアに対抗できるのか、また最大の懸念である中国の問題など …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

「SHITHOLE」発言はそれほど大きな問題だろうか

トランプ大統領が会議の場で口にしたと、民主党議員などが主張している言葉「Shithole」。トランプ氏自身は報道内容を否定した。真偽は不明というところだが、当サイトでも軽く触れておきたいと思う。

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局