ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

メラニア夫人が夫の手を握り「すばらしい旅」と大統領の初外遊を振り返る

投稿日:

<引用元:デイリー・メール 2017.5.27>

(抄訳)

メラニア・トランプはファーストレディとしての初めての外遊を満足げに締めくくる演説を行い、大統領と手をつないでエアフォース・ワンへ向かった。

トランプ夫人は、ドナルドトランプと共にワシントンへと旅立つ前の日曜日にイタリアの海軍基地のアメリカ軍職員の前で彼女としては珍しい演説を行った。

ファーストレディは、ボタンの装飾のついた黒のドルチェ&ガッバーナのドレスを身にまとって、ヨーロッパと中東の9日間の旅行中に出会った女性達と子供達のことを決して忘れないだろうと語った。

その外遊でトランプ夫妻はサウジアラビア、イスラエル、ベルギー、そしてイタリアを訪れ、メラニア夫人はローマ教皇フランシスコと会い、様々な小児病院を訪問した。

「すばらしい旅で多くの進歩がありました」とトランプ夫人は述べた。

「夫は国の為に一生懸命に尽くしました。私は夫を誇りに思っています。またこの旅はファーストレディとして、自分にとってすばらしいものでした」

メラニア夫人はローマ教皇フランシスコに接見できたことを光栄で幸運なことだと述べ、様々な病院で子供たちと過ごしたときの思い出を語った。

彼女は水曜日にローマでバチカンの小児病院のある少年との出会いを回想して述べた。

「その場を後にして数時間後に、私が会った男の子の心臓移植のドナーが見つかりました。その知らせを聞いた瞬間のことを私は決して忘れないでしょう。そして彼の1日も早い回復を祈っています」と彼女は語った。

またファーストレディは、ブリュッセルで子供達と一緒に絵を描き、ある子供が彼女に「私たちはみんな同じだ」と書かれた絵をくれたのだと語った。

「この旅は私にとって特別なものとなりました。そして私が出会った女性達や子供達のことを決して忘れないでしょう」と彼女は聴衆に述べた。

またファーストレディは、アメリカのために奉仕している軍関係者に感謝の意を表した。

「我が国のための献身に感謝いたします」と彼女は述べた。

彼女はアメリカ人が多くの自由を享受できるのは、彼らの「無私の献身」と自己犠牲のおかげだと言っている。

「絶え間ない別離を辛抱しているご家族に対する、皆さんの自己犠牲が見過ごされることはありません」

トランプ大統領はそれからマイクの前に立ち、自身の最初の外遊を「ホームラン」と評した。

また彼は、最近イギリスのマンチェスターとエジプトで起きたテロ攻撃によって、アメリカが「テロに打ち勝ち文明社会を守る」必要性が浮き彫りにされたと述べ、テロの脅威を克服することを堅く誓った。

「テロリズムは脅威です。全人類にとって不利益な脅威です。そして私達は共にこの脅威を克服するでしょう。私達が勝利するのです」とトランプは述べた。大統領の5カ所を巡る外遊は概ね大きなつまづきもなく、大きな話題になったパリ協定について早急に決断を下すことを約束する形で終わりを迎えた。「私達はどこにいてもホームランを打つ(成功する)と思います」とトランプは兵士たちに語った。

また彼は、NATO加盟国との会議について称賛し、「私達はずっとNATOを支援している」と言い添えた。彼はNATO加盟国が防衛費を増額することを新たに約束したと繰り返し述べた。

9日間の外遊で、メラニア夫人は中東とヨーロッパの多くの人々の心を掴んだ。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ、キューバについて:「共産主義は過去であり、自由は未来である」

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.6> ドナルド・トランプ大統領は6日、キューバの共産主義政権を非難し、「共産主義は過去」であり、「自由は未来」であると述べた。

トランプ大統領のワルシャワでの注目すべき演説

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.6> 社説:国民国家のポピュリズム、魂、そして文明を守ること トランプ大統領の木曜日の演説は、大統領としてまだ間もない中で最も重要な演説の一つとな …

トランプ大統領の横田基地での演説

2017年11月5日、初来日したドナルド・トランプ大統領は横田基地で兵士たちを前に演説しました。以下はその日本語訳です。 (フライトジャケットを)着たほうがいいですか? こちらのほうが気に入りました。 …

拡大するイランの反政府デモ、トランプは3カ月前に警告していた

イラン国内の反政府デモが拡大する中、トランプ大統領はいくつかのツイートを投稿した。その中には9月の国連総会での演説で、イランの状況について語った内容を抽出した動画も含まれている。内容を確認すると、まる …

トランプ大統領がウィークリー演説で「国旗に敬意を表して立とう」と呼びかけ

<引用元:タウン・ホール 2017.10.15> 2017年10月13日金曜日、ドナルド・J・トランプ大統領は、ウィークリー演説の中で国旗に敬意を表して立つことの重要性を説明した。