ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

情報機関幹部はトランプがロシア疑惑の捜査に圧力を掛けたことを否定

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.7>

国家情報局と国家安全保障局の長官が、水曜日に、継続中のロシアの捜査についてトランプ大統領から圧力を受けたことはないと証言し、最近報道された内容は否定された。

REUTERS/Kevin Lamarque

ダン・コーツ国家情報局長官と、マイク・ロジャーズNSA長官は、上院情報委員会の公聴会でその問題について問われた際、トランプとのやり取りについて詳細に話すことはおおむね拒否した。

先月発表された記事によると、トランプはコーツとロジャーズの両者に、トランプがロシア疑惑の捜査を受けていることを否定するように求めたということだった。

コーツとロジャーズは両者とも、トランプの要求に不快感を覚えたと報道されていた。

しかし、水曜日にこれらのやり取りについて聞かれると、両者はトランプとの会話の詳細について触れることは断ったものの、ホワイトハウスから圧力を受けたと感じたことはないと述べた。

「NSAの長官として3年以上になりますが、私が覚えている限りでは自分が違法である、不道徳である、倫理に反する、あるいは不適当と考えるような指示を受けたことは決してありません。そして、そのような圧力を感じたことも記憶にありません」とロジャーズは、バージニア州上院議員のマーク・ワーナー上院副委員長に述べた。

「大統領がロシアの捜査から手を引く、あるいは控えるように何らかの形で求めたり方向づけることがありましたか?」とワーナーは尋ねた。

ロジャーズは、トランプと交わした特定の会話について話すつもりはないと答えたが、「私が今コメントした内容に間違いありません」と付け加えた。

元インディアナ州上院議員でトランプに任命されたコーツも、ロシアの捜査やそれ以外のことを控えるように圧力を受けたことを否定した。

火曜日に、ワシントンポストは、コミーFBI元長官に干渉してロシアの捜査に抵抗するようトランプがコーツに求めたことを、コーツが3月22日に関係者に語ったと報道していた。

「私の就任中に・・・圧力を受けたことは決してありません。継続中の捜査に関して、政治的な方法でインテリジェンスを形作って、干渉するための圧力をどのような方法でも感じたことはありません」とコーツは証言した。

-記事翻訳
-,

関連記事

司法省はコミーが解任前に追加予算を要求していたという報道を否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.10> 司法省は、ジェームズ・コミーがトランプ大統領に解任される数日前に、ロシアによる選挙干渉に対する捜査のための追加予算を要求していたとするニューヨーク・ …

新事実:コミーはFBIの捜査が終わる前にヒラリーの不起訴を決めていた

<引用元:タウンホール 2017.8.31> 上院司法委員会が8月31日木曜日に公開した新たな記録によると、FBIのジェームズ・コミー元長官は、重要証人の聴取を行うずっと前に、民主党大統領候補のヒラリ …

アサンジ、ロシアがリーク元でない証拠を示すと議員に約束

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.16> ジュリアン・アサンジは15日、ある議員に対して、昨年の選挙期間中に発表された民主党のリーク文書がロシアから提供されたものではないことを証明できると話した。また …

反トランプメールで外されたFBI捜査官はフリン氏の聴取も担当

ロシア疑惑に関連して、ワシントンポストとニューヨーク・タイムズは12月3日、モラー特別顧問がある有力捜査官を、トランプ大統領に批判的なメールを交わしていたことを理由に捜査チームから外していたと報道した …

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局