ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

ロバート・ミュラーがロシア疑惑の捜査にまたクリントンの献金者を採用

投稿日:2017年6月21日

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.20>

ロバート・ミュラー(またはモラー)特別検察官は、拡大中のトランプとロシアに関する彼の捜査チームにもう一人の民主党支持者を加えた。

REUTERS/Jonathan Ernst/File Photo

元FBI長官(ミュラー)は最近、ロシア疑惑捜査に取り組むために、訟務長官室の弁護士、エリザベス・プリロガーを採用したと、ナショナル・ロー・ジャーナルが報道している

プリロガーは、リベラル派の最高裁判事であるルース・ベーダー・ギングズバーグとエレナ・ケイガンの下で書記を務めた経験を持ち、連邦選挙委員会の記録によると、過去にヒラリー・クリントンとバラク・オバマの大統領選挙で献金していた。

9月26日に彼女は250ドルをクリントン陣営に献金した。そして2012年10月3日には同額をオバマ陣営に、そして250ドルをオバマ・ビクトリー財団に献金した。

最高裁で5つの事件を担当した経験を持つプリロガーは、ミュラーのスタッフとして他の13名の元検事と捜査員から成るグループに加わる。その候補者の中にはほぼ独占的に民主党の候補者を支持してきた人物が含まれている。

元下院議長のニュート・ギングリッチのようなトランプ支持者は、そのような選挙陣営への寄付を、ミュラーの捜査がトランプに不利に偏ってしまう証拠として指摘していた。

ミュラーはトランプ周辺に対する広範な捜査を行っていると報道されている。彼は、トランプ関係者が関わるあらゆる疑わしい取引だけでなく、トランプ陣営とロシアのスパイとの間の共謀について調査している。いくつかの報道によると、ミュラーは、トランプがジェームズ・コミーFBI前長官とのやり取りの中で司法妨害を行ったかどうかについても捜査しているとも言われている。

先週CNNが報道したように、少なくともミュラーが採用した人物のうち少なくとも3名は、1988年以来5万3千ドル以上を民主党に対して献金していた。

ジェームズ・クアレルズは、ウォーターゲートの捜査の特別検察官助手を務めたことがあり、ウィルマー・ヘイル法律事務所でミュラーと共に弁護士をしているが、クリントン、オバマ、ジョン・ケリー、アル・ゴア、そしてマイケル・デュカキスなどの様々な民主党候補者に3万3千ドルを献金していた。

ジーニー・リーは、オバマ政権で司法副長官代理を務め、2008年以来民主党に1万6千ドルを献金していた。彼女は2015年と2016年に、クリントン陣営に最高で5万4千ドルを献金した。オバマの2回の大統領選挙には7万3千ドルを献金した。

アンドリュー・ワイズマンは、最近まで司法省の詐欺犯罪の部署のリーダーを務めていたが、2008年のオバマの大統領選挙に2,300ドルを献金し、2006年に民主党全国委員会に2,000ドルを献金した。

トランプ支持者はミュラーの捜査チームが政治的に偏っていることに対して、ますます疑問を呈している。ニュート・ギングリッチ元下院議長は、最も大きく批判の声を上げている一人だ。

ギングリッチは過去にミュラーを称賛していたが、現在彼はミュラーが公正な捜査を行うかどうか懸念していると述べている。 (RELATED: Gingrich On Russia Investigation: ‘The Fix Is In’)

「『ミュラーの捜査に懸念しているか?』と私に尋ねるのであれば、それは私が99.81(パーセント)の法律事務所から来た人物を採用する、97対3(パーセント)の部門に懸念するか?ということでしょう。歴史学者として、もちろん私は懸念します。それで彼が誰を採用したかを見ればもっと悪くなるということです」とギングリッチは最近、デイリー・コーラー・ニュース・ファウンデーションとのインタビューで述べた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30> (抄訳) 報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながり …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

FBIと民主党はパニック、FISA乱用メモ公開に対する激しい抵抗

FISA乱用メモに関して、民主党のアダム・シフ下院議員は、ホワイトハウスに提出されたメモは秘密裏に修正されていると述べ、委員会で承認されたものではないと強調した。だがその修正とは、文法上の誤りと、FB …

司法副長官の秘密の覚書公開、ロシア疑惑捜査の正当性の疑念晴れず

ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏は、ロシア疑惑捜査に特別カウンセルが任命された根拠に法的な問題があると指摘してきた。ローゼンスタイン司法副長官が昨年8月に書いた、モラー特別カウン …

トランプ弁護士への強制捜査後、ダーショウィッツ氏:「弁護士と依頼人の関係が危険に」

<引用元:FOXニュース・インサイダー 2018.4.9> アラン・ダーショウィッツ氏は、ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士であるマイケル・コーヘン氏の事務所に連邦政府が強制捜査を行ったことについて …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局