ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

大統領が移民に対する福祉を5年間制限することを提案:アイオワのトランプ集会

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2017.6.22>

トランプ大統領は水曜日の夜、アメリカ入国後5年間は移民が公的支援を受けることを禁止する法案を近々議会にはかる予定であることを発表した。

「私たちの国に移民しようとする人々は経済的に自立することができなければならず、少なくとも5年間は福祉を利用すべきではない・・・とする新しい移民法を成立させる時が来ました」とトランプは、アイオワ州グランドラピッズの遊説スタイルの大会で述べた。

トランプの提案は、1996年の「個人責任及び就業機会の調整法」に基づくものであり、この法律によって連邦当局が、入国後5年以内に福祉に依存するようになった移民を国外退去させることができるというものだ。その法律の多くの条項はジョージ・W・ブッシュとバラク・オバマの政権の間に押し戻されたが、トランプの提案は移民に認められない連邦給付金の枠を広げることになるだろう。

現在、州がおもに地方の公的支援プログラムの資格の決定権を持っている。

一般的に一時渡航ビザを持った外国人と法的身分を持たない者は、それらの給付を完全に禁止されている。

トランプの提案は、入国から5年以内にいわゆる「生活保護者」になる可能性のある人々が入ってくることを防ぐことにもつながる。「生活保護者」という概念は、100年以上アメリカの移民法の一部であった。それは、政府が公的支援を求める可能性のある人物の入国を制限することを可能にする。トランプは「生活保護者」に関する法律を強化し、それらが確実に実行されるようにするつもりだと考えられる。

政権は、トランプの提案した変更を実行する大統領令の草案を今年初めに公開していた。しかしながら、トランプの水曜日の発言は、彼がその計画を議会で法制化したいということを示すものだった。

ホワイトハウスはこれらの変更の要求において、移民を世帯主とする家庭の51パーセントが何らかの公的支援を利用しているが、非移民の家庭では30パーセントに留まっているという移民研究センターの2015年の報告書を引用するだろう。この報告書は、多くの移民の家庭の微妙な違いを考慮に入れていないとする批評家によって真偽を問われてきた。

-翻訳記事
-

関連記事

テキサス州高官:人身取引死亡事件は反サンクチュアリ法の必要性を示すもの

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.24> サンアントニオ(テキサス州)の灼熱のトレーラー内で9人の死体と30名以上の負傷者が発見された事件は、厳しい反サンクチュアリ・シティー法がいよいよ必要 …

トランプ政権下で不法移民が67パーセント減少

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.4.4> まだ新しい警備職員の増員はされておらず、トランプが約束した国境の壁は1マイルも建設されていないが、南西部の国境からの不法移民の数は、トランプ大統領の …

ドナルド・トランプ、ロサンゼルスで不法入国者に殺された女性の婚約者に電話

<引用元:ブライトバート 2017.3.16> 不法入国者の飲酒運転による交通事故で婚約者を亡くした男性が、ドナルド・トランプ大統領が個人的に自分に哀悼の電話をくれたことを明かした。

世論調査:アメリカ人は圧倒的にサンクチュアリ・シティ(聖域都市・移民保護地域)に反対

<引用元:ザ・ヒル 2017.2.21> (抄訳) ザ・ヒル紙に独占情報として寄せられたハーバード・ハリスによる世論調査によれば、調査対象の80パーセントが地元当局は接触してきた不法移民を連邦職員に通 …

トランプの聖域都市大統領令を差し止めた判事はオバマに20万ドルを献金していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.26> 「聖域都市」に連邦政府の補助金を支給しないことを求める、トランプ大統領の大統領令を差し止めたカリフォルニアの判事は、バラク・オバマ元大統領に数 …

@JpWelovetrump