ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

議会がトランプの規制との戦いに参戦、1週間で1年分の削減

投稿日:2017年7月8日

<引用元:Washington Examiner 2017.7.6>

連邦議員は、オバマ時代の規制を大幅に削減しようというトランプ大統領の提案に全員が参加することになった。新しい分析によると、その目標は190億ドル分の規制と5,200名の連邦政府職員のお役所仕事の削減につながる。

アメリカン・アクション・フォーラム(AAF)のレポートによると、下院歳出委員会が今週提出した削減案は、オバマ政権下の規制1年分に匹敵するものだということだ。

アナリストのサム・バトキンズは、「今週発表された一連の予算法案は、合計190億ドル以上の規制コストを削減し、1040万時間の事務処理を削減するものであり、2006年以降のすべての規制を廃止してコンプライアンスの事務処理から5,200名の職員を削減するのに匹敵する内容を推し進めるものだ」と述べている。

今日の発表前に提供された彼のレポートによれば、委員会の予算法案は金融サービス、農業、そしてエネルギー分野の規制を対象にしているということだ。最大の項目は、「43億ドルのコストと230万時間の新たな事務処理の負担が当初推定されていたドッド・フランク金融改革法のボルカー・ルールの廃止」だ。

AAFの規制政策ディレクターであるバトキンズは、議会が規制を削減するには非常に時間がかかる可能性があると説明したが、予算策定者は異常な速さで動いており、同時にトランプのチームも連邦政府機関内で規制の削減を目指していることを付け加えた。

「規制改革の議論は、行政機関とトランプ政権の1イン、2アウト大統領令(訳注:1つの規制が成立されるには最低2つの規制が廃止されなければならないとするもの)に限られていると思っていた人にとって、議会は過去のルールを廃止するための十分な権限を持っていることを証明している。議会は規制手続きよりももっと早くそれを実行できるし、行政機関を通して廃止するよりもはるかに長持ちする場合がある」とAAFのレポートには書かれている。

「ここにまとめられた手段で190億ドル以上のコストを削減し、1040万時間の事務処理を削減できるだろう。これらの付帯条項の手続きがうまくいけば、他の過去の規制が立法機関で対処されているときにこれが継続して実施されることを期待できる」とレポートには続いている。

バトキンズは以下の委員会の目標を強調した。

金融サービス

  • ボルカー・ルールの廃止:43億ドルと230万時間
  • ブレード・コンタクト・ルールの実施制限:25億ドル
  • 個人強制保険の廃止:500万時間の事務処理
  • SEC(証券取引委員会)による企業の政治的支出の公開要求を禁止
  • OMB(行政管理予算局)に対するドッド・フランクのコスト報告の義務化

エネルギーと水

  • 「アメリカの水」法の撤回:4億6200万ドル
  • 陸軍工兵隊の土地での武器使用制限規制の禁止

農業

  • 「トランス脂肪酸禁止」の制限:110億ドル
  • 「葉巻と電子タバコ」法の制限:11億ドルと160万時間の事務処理
  • 学校での全粒粉パン給食の基準の実施に柔軟性を認める
  • 学校給食でのナトリウムの基準の更なる実施をやめる
  • 学校での低脂肪味付け牛乳に対する柔軟性を認める

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-

関連記事

ドナルド・トランプ、大規模な規制緩和と1兆ドルのインフラ投資を約束

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.4> ドナルド・トランプ大統領は、インフラ投資と厄介な規制の削減について話し合うための、ホワイトハウス後援のタウンホールで経営者のグループと話し合った …

トランプの最初の6カ月で100万の雇用創出

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.4> ドナルド・トランプ大統領の就任以来、アメリカ経済は100万人以上の雇用を生み出した。 今年の雇用は落ち込むだろうとの予測を裏切って、アメリカでは …