ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

トランプ政権で少なくとも1日1回の国家安全保障に関わるリークが行われたという調査結果

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.6>

トランプに対する前代未聞の圧倒的なリークはオバマ、ブッシュ政権を上回る

トランプ政権は、少なくとも1日1回は報道に登場するという、前代未聞の圧倒的な国家安全保障に関わるリークと戦っている。それは、上院の新たな調査によればオバマ、ブッシュ両政権の同じ期間で経験したものに比べて著しく多く、これらのリークが米国の安全保障活動と同盟国との関係を危うくしていると警告が発せられている。

上院国土安全保障政府問題委員会が発表した新たな報告書によると、「トランプ大統領の就任以来、我が国は前例のない圧倒的な数の有害となる可能性のある情報のリークに直面してきた。」

報告書によると、「トランプ政権でリークは1日1回の割合で起きて」おり、「トランプ大統領の前任者の下では国家安全保障情報のリークは比較的まれであった。」

その状況に詳しいホワイトハウス内外の消息筋によると、これらのリークは極秘の国家安全保障情報である場合も多く、トランプ大統領の政権を攻撃し、その国家安全保障期間にとってマイナスとなるよう意図されたものである。

その報告書と別の消息筋の両方によると、リークはますます危険なものになっており、現在、米国の海外での機密活動を危険にさらしている。

上院の調査によると、「トランプ大統領の下での国家安全保障を損なう可能性のあるリークは、オバマ前大統領とジョージ・W・ブッシュ元大統領の最初の126日に比べて7倍流出していた。」

その報告書では、「トランプ政権は125回のリーク(1日1回のリーク)を被っており、それにはバラク・オバマ前大統領が2009年に署名した大統領令で提示された基準の下で、国家安全保障を危険にさらす可能性のある情報が含まれている。」とされており、そこではトランプ政権の最初の数か月の間に発表された公開資料が調査されていた。

報告書によると、その調査では、少なくとも「国家安全保障に損害を与える可能性のあるリーク情報を伴う125の記事が発見され」、「限られた調査でもトランプ政権では、それ以前の二つの政権の同じ時期に比較して7倍のリークがあったことが明らかになった」と述べられている。

そのリークはトランプ政権の膝を撃ち抜き、米国を守ることを妨げている。

「トランプ大統領とその政権は、ほぼ毎日、明白なリークに直面しており、国内外で脅威が増大するときに国家の安全を危険にさらす可能性がある。最高司令官は、最高機密の会談、電話、そして協議が世界中に暴露される懸念無く、米国の安全保障、インテリジェンス活動、そして外交を効果的に管理できるようにする必要がある。」と報告書では述べている。

正式に許可されていない情報公開は、2016年大統領選挙に対するロシアの干渉と言われるものについての情報から、トランプがホワイトハウス内で外国の首脳と交わした詳細な会話内容にまで至るものだった。他の記事では、米国の海外でのテロ組織に対する活動に関する機密情報が含まれている。

上院委員会は、そのような情報公開のすべてが連邦法の下で懲役刑に処せられるものであると述べている。

その調査によると、リークの大半の少なくとも78個は、ロシアに関するものと、トランプ側近とモスクワとの間の共謀と言われているものに対して行われたであろう調査に関するものであった。

「他のリークは米国の敵対者に対する機密情報となる可能性のある内容や、それらに対して行われる可能性のある軍事作戦を暴露していた。あるリークはテロ攻撃の捜査についてのもので、米国と緊密な同盟国との間に外交問題を引き起こした」と報告書では言及している。

報告書はISISについてのイスラエルのインテリジェンスについて詳しく説明したリークについて言及している。この情報の開示は、イスラエルを怒らせエルサレムとトランプ政権との間に亀裂をもたらしたと言われている。

報告書によれば、「リークされた内容は18の報道機関に扱われ、その情報源は事実上あらゆる組み合わせの、匿名の米国の現役及び元当局者であった。ある記事は二十数名以上の匿名情報提供者から引用していた」ことが分かった。

不当なリークが含まれているほとんどすべての記事は、直接トランプを対象としているか、トランプ政権の関係者を対象としたものだった。

報告書によれば、「これに対して、オバマ政権の同じ時期にリークされた記事のうち、オバマ前大統領かオバマ政権についてのものは半分しかなかった。残りの半分はブッシュ元大統領とその対テロ戦術に関するものだった」ことが分かった。

これらの記事の大部分はワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズに掲載されていた。また、多くはリベラルに偏向していることが知られているニュース媒体に掲載されていた。

上院の調査委員は、「莫大な量と範囲の情報源は、それらが政府内部から来たものであることを示しており、その中には明らかに情報機関内部から出たものがあり、数多くの記事が機密のインテリジェンスとどのような情報源から引用しているかについて報道している」と結論付けている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-

関連記事

トランプへの攻撃は正にロシアのデマ工作活動そのもの

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.28> ドナルド・トランプ大統領が2016年の大統領選挙でロシアと共謀し、それを隠蔽しようとしているという非難は、ますますロシアの古典的なデマ工作活動 …

NSA委託業者がロシアのハッキングに関する極秘情報のリークで告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.5> 連邦の委託業者が、2016年大統領選挙でのロシアのハッキングに関する「極秘レベルの」情報を含む機密報告書をリークしたとして、先週末逮捕され告訴された。

オバマ政権幹部が数百回の身元開示要求をしていたことを情報委員長が非難

<引用元:The Hill 2017.7.27> (抄訳) 下院情報委員長は、2016年の大統領選挙の期間中、諜報報告書中のアメリカ人の氏名開示要求を数百回出していたとして、オバマ前大統領の政権幹部を …

オバマは機密情報をロシアに与えていた:NBCとCNNのゲストが指摘

<引用元:MRC  NewsBusters 2017.5.16> NBCとCNNは他のメディアと一緒に、大統領が不注意で機密情報をロシア政府関係者に伝えてしまったとする未確認のワシントン・ポストの記事 …

ホワイトハウス内部のリーク犯判明か(報道)

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.22> ワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network:OANN)のホワイトハウス特派員、トレイ・イングスト …