ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

投稿日:

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11>

ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出

ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレムリンとの関係を否定した。

彼女はドナルド・トランプ・ジュニアとの会談がアメリカでのロシア人養子縁組に関するものであったことを確認した。

ベセルニツカヤが所属する法律事務所であるカメルトン・コンサルティングはモスクワ郊外に拠点がありWEBサイトも持っていない

カメルトンの職員はAP通信社に対し、ベセルニツカヤは月曜日にコメントできないと述べた。

彼女のモスクワ事務所はダミーかもしれない。電話も電子メールもWEBサイトもないのだ。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領のドミトリ・ペスコフ報道官は月曜日に、クレムリンはトランプの幹部スタッフとベセルニツカヤの会談について関知しておらず、「それが誰なのか知らない」と述べた。

ペスコフは次のように述べた

「いいえ、私たちはそれが誰なのか知りませんし、ロシアの弁護士が国内外で行う会談をすべて監視することはできないのは明らかです」

さてこれは・・・

ナタリア・ベセルニツカヤはトランプタワーでの冷たい接触の8日後、外交問題委員会の公聴会でオバマ政権のロシア駐在大使マイケル・マクフォールと同席していた

こちらには別の写真がある。2016年6月14日のロシアとウクライナに関する議会公聴会のものだ。

更に、ナタリア・ベセルニツカヤの横にいるのはエミン・アガラロフのようだ。ドナルド・トランプ・ジュニアの今朝の声明の中で彼についても触れられていた。エミンはベセルニツカヤとの会談の実現に協力していた。

また、ベセルニツカヤは、あの詐欺的で名誉を傷つけるトランプ資料を作成したDNCのライバル調査会社であるフュージョンGPSともつながりを持っていた。

ではなぜベセルニツカヤはドナルド・トランプ・ジュニアとの会談の数日後にオバマ政権の当局者といっしょにいたのだろうか?

そして、なぜベセルニツカヤは議会公聴会で最前列の特権的な席を与えられたのだろうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-,

関連記事

独占記事:ロシア人弁護士がトランプ陣営と会う前に彼女を米国に入国させたのは司法省だった

<引用元:ザ・ヒル 2017.7.12> 裁判所と司法省の文書、そしてインタビューによると、ドナルド・トランプの側近グループに入り込んだロシア人弁護士は、当初司法省によって「特殊な状況」の下で米国への …

ロシアは総選挙での民主党の不正計画についてもハッキングしていた

 <引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.23> ニューヨーク・タイムズは土曜日の記事で、FBIのジェームズ・コミー長官は昨年、当時の司法長官ロレッタ・リンチが民主党の大統領候補のヒラリー・ …

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

クリントン側近がドナルド・ジュニアと同じことをやっていたことを誰もが忘れている

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.10> トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニアがロシアの弁護士と会談した際に、ヒラリー・クリントンについての不利な情報を持っていることを示された …

トランプ、モラー特別検察官を解任することはないと発言

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.10> ドナルド・トランプ大統領は、10日木曜日の記者会見でロバート・モラー特別検察官をその職務から解任するつもりはないと述べた。