ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

独占記事:トランプ政権ペンタゴンは南シナ海での中国の主張に挑む計画

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.20>

トランプ大統領は、中国の南シナ海における過剰な主張に対して定期的に異議を示す必要があるとする今年のペンタゴンの計画を承認した。

米国当局者によるとジム・マティス国防長官は、中国が違法に主張している公海上を米国海軍の船が航行する年間のスケジュールをまとめた計画案を、4月にホワイトハウスに提出していた。

米国海軍は、数十年の間世界中で定期的に「航行の自由作戦」を実施してきたが、オバマ政権は中国の怒りを買うことを恐れて、2012年から2015年にかけて南シナ海での実施を取りやめ2016年に数回実施しただけだった。

オバマ政権下では、ペンタゴンは国家安全保障会議にFONOP(航行の自由作戦)の要求を送るがそこで却下されていた。その当局者によると、「誰かの機嫌を損ねる結果になるようなことを行うことに対する」懸念があったということだ。

その当時、台湾、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、そしてフィリピンによっても領海として主張されていたというのに、中国は強引に南シナ海に島と岩礁を建設し、どんどん軍事設備を配置し始めていた。

新しい計画の下では、指揮系統に要求が来るたびにそれらが「予期せぬこと」にならないように、そして以前よりも早く承認されるように、ホワイトハウスはあらかじめ計画された作戦を認識することになるだろうと当局者は述べた。

より早く承認されることによって、作戦が「1回限りの出来事」と比べると、「非常にルーチン化され、定期的な」基準で実行され、海域をオープンに保つための定期的なプログラムのそれぞれの作戦パートを実行する上でメリットがある。

オバマ政権下では、「1回限りの形で」作戦が要求され、検討され、そして承認されており、その承認には時間がより長くかかり、定期的な海軍作戦行動の一環というよりも中国が実行した特定のことに対する対応という印象を与えた。

その計画が、より広域のアジア太平洋戦略の一部であるのか、それともその地域でのFONOPをより定期化する狭義の目的のためのものであるのかはまだ明確ではない。しかし、ある専門家は、FONOPを頻繁に行うことは、それ自体として間違いなく重要なことだと述べた。

「FONOPの頻度は、良かれ悪かれアメリカの肩入れ度合いのリトマス試験として見られることが多いのです」と、S. Rajaratnam School of International Studies の比較国際政治学部長のジョセフ・リューは戦略国際問題研究所の最近のイベントで述べた

トランプ政権は5月以降、南シナ海でのFONOPを既に3回実施してきた。オバマ政権は昨年全体で3回実施した

「間違いなく正常に戻るということです」とペンタゴンの首席報道官、ダナ・ホワイトはブライトバート・ニュースに述べた。

「この政権は、それらの権威を実行するのに最適な立場にある人々に明らかにその権威を返しました。つまり正常に戻ったのです」と彼は述べた。

米国は南シナ海での数多くの領海論争においていずれかの側についているわけではないが、米軍はその海域が国際通商にオープンであることを保証するためにFONOPを実施する。毎年、推定5兆ドルの商品がその領域を通って輸送されている。

計画では、FONOPの要求は、最初に米国海軍第7艦隊から太平洋艦隊、太平洋軍、ペンタゴン、それから国家安全保障会議(NSC)へと送られる。

ペンタゴンはNSCと同時に国務省にも要求を送り、現在の外交イニシアティブを損なわないことを確認するのだと、その当局者は述べた。

ナショナル・インタレスト・センターの防衛研究部長、ハリー・カジアニスは「米国海軍の資源を恒常的に、安定して配備して、南シナ海での航行の自由作戦を実施することは良いことです。私は100パーセント支持します」と述べた。

「北京がグアム、ハワイ、またアラスカの近くで軍事作戦を実施する際にやっているのとまったく同じように、私たちは国際法で許された場所であればどこであっても間違いなく作戦を実施するのだということを中国は知らなければなりません。これは標準的な軍事演習手続きであり、国際法に成文化されています」と彼は述べた。

5月に上院の超党派グループは、トランプ政権に対して南シナ海でのFONOPの実施を強く求めた。彼らは昨年10月以来それが実施されていなかったことに懸念を示していた。

「近年、とりわけ中国は南シナ海の論争となっている海域で一連の強引な取り組みを行ってきた。我々は米国が南シナ海に関与することが、航行と上空飛行の自由を守り、国際法を守る上で不可欠であると考えている」と彼らはその書面で述べていた。

ブライトバート・ニュースが3月に最初の報道を行い、その後ニューヨーク・タイムズが5月に報道していたように、トランプ政権初期において、ペンタゴンに送られたFONOPの要求は承認されず、ホワイトハウスに回されることがなかった。

当局者は当時、総合的な計画が発案されるまで個別の断片的な要求をホワイトハウスに送ることをマティスが許可したくなかったのだと述べた。

その計画案は、米国海軍の駆逐艦デューイがスプラトリー(南沙)諸島のミスチーフ環礁から12海里以内を航行した最初のFONOPが5月24日に実施される前に承認された。7月2日には米国海軍の駆逐艦ステザムが、パラセル(西沙)諸島のトリトン島から12海里以内を航行した。7月6日には東シナ海と南シナ海上空を2機のB-1B Lancerが飛行した

当局者は、FONOPは今後も「我々が何か同意できないことを示すための、道具箱にある道具の1つ」となるだろうと述べた。

しかしながらカジアニスは、オバマ政権下の実例の通り、FONOPはワシントンが中国の過度な主張を押し返すための唯一の手段とはなり得ないと警告した。

「トランプ政権は、東シナ海から南シナ海の底に至るまで広がる中国の威圧的で弱い者いじめの行動を押し戻すための総合的な戦略を策定する必要があります。そうでなければ、数年のうちに北京はアジア太平洋の疑う余地のない主人となるでしょう。ワシントンはそのようなことを全く許すことはできません」と彼は述べた。

リューは次のように同意した。「非軍事的なツールキット・・・それも非常に重要であり開発される必要があります」

by Kristina Wong

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

バージニアの男性が中国に機密文書を提供したとして告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.22> (バージニア州アレキサンドリア) 木曜日、機内持ち込み手荷物に16,500ドルの現金を持っていたバージニア州の男性が、中国のスパイと思われる人物に極秘文 …

トランプが北朝鮮との貿易関係について中国を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.5> ドナルド・トランプは水曜日、ならず者国家の核の脅威に対する「中国の協力はやはりだめだった」とツイートして、中国が北朝鮮との経済関係を継続して …

CIAは諜報活動強化のため諜報員により大きな権限を付与

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.26> (抄訳) トランプ大統領の下で、CIAは諜報活動の向上を目指して現場の諜報員により大きな権限を与えると同時に過剰な官僚を削減していると、C …

ドナルド・トランプ、北朝鮮問題を解決すると断言

<引用元:ザ・サン 2017.4.2> アメリカ大統領は執務室でのフィナンシャル・タイムズとのインタビューに答える中で中国に最後通牒を与えた。「もし中国が北朝鮮の問題を解決しないつもりなら私たちが解決 …

中国がハーバード大学に3億6千万ドルを寄付

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.16> 中国はハーバード大学に3億6千万ドルを寄付しようとしている。元軍事情報アナリストによると、これはアメリカの最も重要な教育機関の一つに影響を与えよう …