ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

トランプ、モラー特別検察官を解任することはないと発言

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.10>

ドナルド・トランプ大統領は、10日木曜日の記者会見でロバート・モラー特別検察官をその職務から解任するつもりはないと述べた。

モラーは、2016年大統領選挙に対するロシアの干渉の捜査を任されていたが、トランプがモラーを解任するのではないかという話がマスコミの間で顕著に話題になっていた

ある記者が尋ねた。「大統領、特別検察官の解任を促すことを考えたり、検討されたことはあったでしょうか?また、モラー氏が行ったことで大統領がそのような方針を取る要因となったことはありますか?」

トランプはそのようなことは考えたこともなかったと答えた。

「そのようなことは考えたこともありません。みなさんの記事を読むと私がモラー氏を解任すると書いているようですが、私は誰も解任したりしません」と大統領は述べた。

「私は職務を進めて欲しいと思っており、また上下両院にその捜査結果を公表して欲しいとも思います。会議を抜けることから判断すると・・・リークですが、しかしいつも会議を抜けているのですが、共謀(の証拠)は見つかっていません。共謀はなかったのです。なぜなら私はロシア人と話をしていないからです」とトランプは述べた。

トランプは、2016年の選挙に勝ったのはロシアの干渉によるものではなく、自分の選挙活動が優れていたからだと主張した。

「私が勝利したのは、ずっと優れた候補者だったからです。私が勝ったのは、ウィスコンシンに行き、ミシガンに行ったからです。ペンシルベニアでも勝利しました。頭の良い戦い方をしました。ですから勝利したのです。ロシアのおかげで勝ったのではありません。ロシアと私の勝利は何の関係もありませんでした」とトランプは述べた。

トランプは、モラーの捜査本部とメッセージを交わしており、モラーの働きに対して「感謝」を表明していた。同時にトランプは、ロシア疑惑は「魔女狩り」だと何度も非難を表している

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11> ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出 ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレム …

クリントン側近がドナルド・ジュニアと同じことをやっていたことを誰もが忘れている

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.10> トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニアがロシアの弁護士と会談した際に、ヒラリー・クリントンについての不利な情報を持っていることを示された …

独占記事:ロシア人弁護士がトランプ陣営と会う前に彼女を米国に入国させたのは司法省だった

<引用元:ザ・ヒル 2017.7.12> 裁判所と司法省の文書、そしてインタビューによると、ドナルド・トランプの側近グループに入り込んだロシア人弁護士は、当初司法省によって「特殊な状況」の下で米国への …

NSA委託業者がロシアのハッキングに関する極秘情報のリークで告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.5> 連邦の委託業者が、2016年大統領選挙でのロシアのハッキングに関する「極秘レベルの」情報を含む機密報告書をリークしたとして、先週末逮捕され告訴された。

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。