ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

白人至上主義者のリーダー、ジェイソン・ケスラーは元オバマ支持者で「ウォール街占拠」にも参加

投稿日:

<引用元:Gateway Pundit 2017.8.14>

白人至上主義者で「右派の団結」リーダー、ジェイソン・ケスラーはかつてオバマ大統領の支持者で「ウォール街を占拠せよ」にも関わっていたといわれている。

南部貧困法律センター(明らかに保守派とは相容れない団体だ)によると、ケスラーが政治的に変節したのは2016年の11月頃のことであり、ちょうど当時大統領候補だったドナルド・トランプが大統領選挙に勝利したのと同じ月のことだった。

南部貧困法律センターから引用

白人至上主義者フォーラムでの噂では、2016年以前のケスラーの思想的な経歴は純粋なものとはとても言えない。(ウォール街)占拠運動にも関わっていたようであり、以前はオバマ大統領を支持していたらしい。

ケスラーは、最近ネット中継で行ったあるスピーチで、シャーロッツビルがサンクチュアリー・シティーであることに賛意を示し、ある参加者が疑問を示すと、ケスラーは(ウォール街)占拠に明らかに関わっていたときのいざこざを隠していたことを謝罪した。ケスラーは、その女性が現れて過去の関係が喚起されると、見るからにうろたえていた。

ケスラー自身は、2013年の12月頃、あるPR責任者がアフリカのエイズについてツイッターで悪質な冗談を投稿したために非難を受けたときに「新しい世界に目覚めた」。

その事件について、ケスラーは、「ただのちょっとした人種的な冗談で大げさに騒ぐほどのことではなく、彼女のフォロアーもそれほど多くはなく、彼女も誰かが見るとは思っていなかったのだろう」と述べていた。

ケスラーの過去の政治的信条はともかく、ケスラーが右寄りに変わったことが初めてはっきりしたのは2016年11月のことで、その頃からウェス・ベラミー(副知事)に対する厳しい批判を始めた。

13日、白人ナショナリストのリチャード・スペンサーとジェイソン・ケスラーの記者会見がシャーロッツビル市のホールの外で行われる予定だったが、暴力的な左翼の群衆のために会見は中止された。

-記事翻訳
-,

関連記事

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21> シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で …

ドナルド・トランプ、トランプタワーでシャーロッツビルの偏った報道について記者を非難

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.15> トランプ大統領は、15日の午後、先週末のバージニア州シャーロッツビルで左翼抗議グループが暴力を振るったことをエスタブリッシュメントの左翼メディ …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

今回もトランプ支持者に影響はない=シャーロッツビル後

<引用元:ニューヨークタイムズ 2017.8.19> ボストン生まれで35歳のパーソン・ヒックスは、これまでずっと共和党支持者でありトランプ大統領の支持者だ。ヒックスは、昨年10月にトランプのみだらな …

シャーロッツビル犠牲者の母、ネオナチと白人至上主義者を非難したトランプに感謝を表明

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.14> バージニア州シャーロッツビルで32歳のパラリーガルが、白人至上主義者とされる人物に車で轢かれて亡くなった。犠牲者の母は、トランプ大統領がネオナチと白 …