ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

翻訳記事

なぜ議会はオバマが諜報機関をかつてないほどに政治利用したことを調査しないのか?

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.26>

「オバマ時代に米国市民の身元開示が行われ、令状なしに監視活動が行われたことに対して議会は捜査に着手する必要がある」
CIRCAニュースの安全保障担当特派員は、数々の受賞経験を持つジャーナリストだが、デイリー・コーラー・ニュース財団(DCNF)との独占インタビューの中でそのような考えを示した。

シンクレア・ブロードキャスト・グループのサラ・A・カーターは、中東で育ち、海外での戦争特派員としてのキャリアが長い。

カーターは、オバマ政権が国の情報機関を利用して政治的な諜報活動を行い、米国市民に対する前代未聞の身元開示と監視活動を行ったことを初めて暴露した記者の一人だ。カーターによれば、オバマ政権は2011年に無実の米国市民に対するプライバシー保護を弱めており、それによって、聖職者、弁護士とその依頼人、そして医者の情報に対するアクセスも行われた。

オバマ政権は「指数関数的な割合で」米国市民の個人的な会話を徹底的に調査していた、とカーターは述べた。2011年から2017年1月にかけて、身元開示は300パーセント以上増加した。また、オバマ政権が米国市民の20人に1人の割合、つまり信じられないことに5パーセントの市民の電子メールにアクセスしていたことも明らかにした

議会はオバマ政権幹部だったスーザン・ライス、サマンサ・パワー、そしてジョン・ブレナンを召喚すべきであり、誰の身元が開示され、どういう理由で何を調べていたかも調べるべきだとカーターは考えている。カーターはそれが国家安全保障に関わる調査ではなかったと考えている。

オバマ政権が政治的な目標を達成するために政府の安全保障の道具を利用していたという証拠は、早くから存在していた。ジャーナリストのリー・スミスが4月に書いた記事によると、オバマ政権は、イラン核合意についての政敵の行動や発言の情報を開示していた。スミスは、「オバマ政権は自らを危険に晒してきた。犯罪の可能性のある痕跡を残し、それによって外国に対する諜報活動を組織的に乱用していたことが暴露される可能性がある」と述べた。

カーターは、民主党が伝えてきたようにドナルド・トランプ大統領がロシアと共謀したという件に「火」があるという証拠はないと考えているが、ドナルド・トランプ・ジュニアの会談による「煙」はある程度あったことを認めている。

7月に行ったカーターとのインタビューでは、興味深いことにカーターは、「ヒラリー・クリントン陣営とロシアの間には金銭の授受があったという証拠がある」と言っていた。カーターは、自身が得た情報から、クリントン財団に対する捜査は継続中であり、完全に終わったわけではないと考えている。

また、カーターはビデオインタビューの中で、FBIのアンドリュー・マッケイブ副長官についてFBI内部から得た情報を明かした。マッケイブは政治との結びつきが強く、マイケル・フリンなどに対して長年の間敵意を持っていたということだ。

インタビューの中でカーターは、トランプの政策や計画に反対している政府内部の人間が多いことに懸念を示した。その中にはヒラリー・クリントンやオバマを支持するものもいるということだ。驚くべきことに、トランプ政権内部にはトランプの政策を妨害したことを公然と自慢する者さえいるのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-翻訳記事
-

関連記事

オバマ政権幹部が数百回の身元開示要求をしていたことを情報委員長が非難

<引用元:The Hill 2017.7.27> (抄訳) 下院情報委員長は、2016年の大統領選挙の期間中、諜報報告書中のアメリカ人の氏名開示要求を数百回出していたとして、オバマ前大統領の政権幹部を …

オバマ政権の「左翼」政策が情報時代の国家の安全を損なった=ガーツ

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.17> ワシントン・フリー・ビーコンのシニアエディター、ビル・ガーツは月曜日、オバマ政権によって始められた「左翼」政策によってアメリカが有効に「情 …

オバマの元側近ベン・ローズが身元開示事件の容疑者に

<引用元:Circa 2017.8.1> (抄訳) ベン・ローズは、オバマ政権のホワイトハウスで国家安全保障副補佐官を務めた人物だが、下院情報委員会が捜査を行っている身元開示事件の容疑者となっているこ …

信頼性の回復?トランプが立てた11名の判事候補者で法廷改革の実現へ

<引用元:FOXニュース 2017.6.8> バラク・オバマ前大統領が国を変えてしまったかどうかについては議論の余地がある。しかし、彼は間違いなく連邦裁判所を変えてしまった。 例えば最高裁判所の1つ下 …

マクマスターはスーザン・ライスに継続して機密情報アクセスを認める書簡を送っていた

<引用元:Circa 2017.8.3> スーザン・ライスは、オバマ前大統領の国家安全保障担当補佐官を務めていた際に、トランプ陣営とアメリカ市民の身元開示を行ったことが発覚した。その1カ月後、トランプ …

@JpWelovetrump