ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

共和党の82%が外交・制裁失敗時の北朝鮮に対する軍事攻撃を支持(ギャラップ調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.19>

北朝鮮に対する米国民の態度は変わりつつあるようだ。その変化は必ずしも従順な方にではない。ならず者国家に対する軍事的な対応を支持する米国民の数は、ギャラップの最新の世論調査によると「著しく増えて」いる。

ギャラップのアナリスト、リディア・サード氏は次のように報告している。「北朝鮮がミサイルの発射テストを続け、米国と地域の同盟国を挑発的に脅迫する中、米国民の過半数は、少なくとも最後の切り札として同国に軍事行動を行うことを支持しようとしているようだ。具体的には、経済的、外交的取り組みで米国の目標を達成できない場合に北朝鮮に軍事行動を起こすことを、58パーセントが支持していると答えている。この数字は、2003年にギャラップが調査したときの47パーセントという数字を著しく上回っている」

サード氏は「米国の北朝鮮に対する態度は、2003年同様、党によって偏りがある」と述べており、最新の調査では共和党の82パーセントが平和的手段が失敗した場合の軍事行動を支持しているが、それに対して民主党では37パーセントとなっている。

「民主党で軍事行動を支持する率は、2003年以来ほとんど変わっておらず、現在が37パーセント、当時が41パーセントだ。大きな変化があったのは共和党であり、軍事行動に対する支持は23パーセント上昇している」とサード氏は述べた。

無党派の中では、2003年の調査で41パーセントが北朝鮮に対する軍事行動を支持していた。その数字は今回56パーセントに上昇した。

外交や経済制裁による事態の平和的解決についての楽観傾向も減少傾向にある。2003年の調査では、米国人の四分の三が問題は平和的に解決できると確信していた。その数字は現在50パーセントに下がっている。

しかしながら、北朝鮮は「はったりをかけている」と考えている米国人も多い。

「北朝鮮の指導者、金正恩がここ数カ月激しい口調で米国本土を壊滅させると言っているにもかかわらず、今後6カ月以内に北朝鮮が米国に軍事行動を起こすのではないかと考えているのは、米国人の半数をはるかに下回る38パーセントだ。前回の28パーセントという数字より上がっているが、少数派の見方であることは明らかだ」とアナリストは述べている。

調査は1,022名の米国の成人に対して9月6日から10日に実施された。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、首脳会談で中国警察との連携強化に反対

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.11.9>(抜粋) 北京での首脳会談で中国側は、中国警察当局とのより緊密な連携を訴えたものの、中国政府が米国で亡命者に対する違法な活動を行っていることが …

CNNの調査結果:合同会議での演説後、7割がトランプに確信

<引用元:デイリー・コーラー 2017/3/1> CNNの行った調査によれば、火曜日の夜の両院合同会議での演説を聞いた後、アメリカ人の10人のうち7人がトランプ大統領とこの国の向かう方向性について、よ …

北朝鮮から解放された米市民の父がオバマ政権の対応を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.6.15>(抄訳) 北朝鮮での拘留から解放されたオットー・ウォームビアの家族は、2016年1月に拘留された息子に対するオバマ政権の対応を非難し、今週解 …

トランプがオバマの欠点を非難:「事実私が彼のレッド・ラインをカバーした」

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.1> ドナルド・トランプは、バラク・オバマは2012年にシリアで設定したレッド・ラインについて実行に移さなかったが、彼はそれを実行したと語った。

北朝鮮の核開発を阻止するための軍事行動に53%が賛成:FOXニュース調査

<引用元:FOXニュース 2017.4.27> 大多数の有権者は、北朝鮮の核兵器開発を阻止するためには軍事力が必要であると考えており、アメリカがそのような行動を起こすことにどちらかと言えば賛成している …