ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

フュージョンGPS幹部は、トランプ・ジュニアがロシア人と会談する前後にそのロシア人と会っていた

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2017.11.7>

フュージョンGPSは、信憑性の確認できないトランプに関する資料を仕組んだ会社だ。昨年トランプの息子があるロシア人弁護士と問題の会談を行ったが、その前後に同社の共同創業者がそのロシア人と会っていたということが判明した。そのような接触があったということは、同社が当時大統領候補だったドナルド・トランプ氏の信用を落とすための調査に費用を負担していた際、ロシアの勢力とどれだけ近い結びつきを持っていたかという点に新たな光を当てるものだ。

Facebookより

政敵の不利な情報を調査することを専門とするフュージョン社は、起訴によってDNCとヒラリー・クリントン氏の選挙陣営がその調査の支払いを行ったことが発覚すると、改めて厳しい調査の対象となった。共和党議員はそれ以来、FBIによるトランプ陣営とロシアの共謀疑惑に対する調査に、政治的な資金を受けた調査が寄与したのかという疑問を投げかけている。フュージョン社が2016年にロシアの勢力と接触していたということは、一層現実の問題に直結してくるものだ。

ドナルド・トランプ・ジュニア氏とロシア人弁護士のナタリア・ベセルニツカヤ氏が、2016年6月にトランプタワーで会談を持ったのは重要な時期だった。その当時、銀行の記録によるとフュージョンGPSは、クレムリンとつながりのあるロシア新興財閥の代理人を務める法律事務所から支払いを受けており、一方ではトランプとロシアとの関わりの中でスキャンダルをかき集めるために、イギリスの元スパイであるクリストファー・スティール氏に支払いを行っていたことが判明している。

しかし、2016年6月9日にトランプタワーで会談が行われる数時間前、フュージョン社の共同創業者で元ウォールストリート・ジャーナル記者のグレン・シンプソン氏は、マンハッタンの連邦政府の法廷でベセルニツカヤ氏と一緒にいたということが、内密の消息筋からの話で分かった。FOXニュースは裁判所記録をもとに、メールのやりとりと公開済みの報告書から両名が同席していたことを確認している。消息筋によれば両名はトランプタワーでの会談後も一緒にいたということだ。

シンプソン氏が6月のこの重要な週にベセルニツカヤ氏と同席していたということは、(フュージョン社がDNC、クリントン陣営、ロシア側と同時期に資金的な結びつきを持っていたことがこれまで明らかになっていることと合わせて)同社の2016年大統領選挙での役割について新たな疑問を生むものだ。

DNCとクリントン陣営は2016年4月に弁護士のマーク・エリアス氏を通してフュージョン社を雇った。フュージョン社はスティール氏にその文書のために168,000ドルを支払った。その文書は2016年の夏にFBIにも渡った。

フュージョン社の幹部は先週、スティール氏に支払ったお金は、エリアス氏の法律事務所であるパーキンス・コウイーから費用と経費として受け取った102万ドルから賄ったと述べた。DNCとの接触の前に、フュージョン社は保守派のウェブサイトであるワシントン・フリービーコンのためにトランプと他の共和党候補者に対する調査を請け負っていた。

ベセルニツカヤ氏とシンプソン氏が、フュージョン社の別の顧客であるロシア新興財閥のデニス・カチーフ氏をめぐる公聴会に同席していたと最初に報じたのはNBCだった。カチーフ氏の会社は、2億3000万ドル以上をマネーロンダリングしたということで米国での事業に制裁が課されていた。

フュージョン社に対するモラー氏の関心は不明確だが、下院情報委員会は複数の関連する議会捜査の一つを実施しており、フュージョン社の銀行記録にアクセスすることで合意を得た。記録によると、フュージョン社が資料に取り組むことに対してDNCが資金を提供したことが明らかになっている。

週末以降、フュージョンGPSは新たに差し止め命令を求めた。下院委員会が追加の記録を求めていたためであり、それによってフュージョン社が、報道機関や記者が記事を吹き込む見返りに支払いを行っていたかどうかを暴露する可能性がある。

「明らかにしようとしていることは、ワシントンにはロシアの影響が大きいということと、ワシントンの政治的なプロセスに影響を及ぼすために多額の資金が流れ込んでいるということだ」とワシントン・ポストのコラムニストで、ブッシュ政権の元高官であるマーク・シーセン氏は語った。「ヒラリー・クリントンは追求される。フュージョンGPSは追求される。マグニツキー法(訳注:ロシアの人道問題に関連して課せられた制裁に関する法律)に反対する議会でのロビー活動は追求される」

-記事翻訳
-,

関連記事

クリントンのロシア・ウラン疑惑の証拠を握る人物が明らかに

ロイターは、ヒラリー・クリントン氏のロシアとのウラン取引をめぐる疑惑の証人がウィリアム・D・キャンベルという元ロビー活動家であることを独占情報として報道した。キャンベル氏はウラン疑惑に関する動かぬ証拠 …

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

知っていましたか?トランプの大統領選勝利後にロシアがやったこと

2月16日、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査するロバート・モラー特別顧問は、大統領選挙に干渉したとしてロシアの13人の個人と3つの企業の起訴を発表した。しかし依然としてトランプ陣営との共謀の証拠は発見され …

アサンジ、ロシアがリーク元でない証拠を示すと議員に約束

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.16> ジュリアン・アサンジは15日、ある議員に対して、昨年の選挙期間中に発表された民主党のリーク文書がロシアから提供されたものではないことを証明できると話した。また …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局