ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

一般記事

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

投稿日:

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事実を11月20日に報道している。

モスクワのロスアトム本社(旧ロシア連邦原子力庁本庁舎)

米国政府は2010年に、ロシアの国営企業ロスアトム社が米国のウラン鉱山を所有するウラニウム・ワン社を買収することを認可した。しかし、その認可以前にロスアトム社に関する贈収賄やリベート、マネーロンダリングといった不正を政府側が把握していたかどうかが焦点となっている。

米司法省はこれについて、不正が明るみに出たのは認可後のことであり、認可と不正は無関係だと主張している。しかし、ザ・ヒルは、それとは矛盾する証拠を文書の中から発見したという。

まず、ロシア側の基本的な目的は何だったのかという点については、文書と取材から次のことが明らかになったと伝えている。

文書とインタビューによると、その目標には、旧ソビエトの核弾頭を米国の核燃料に転換するという取り決めが2013年に期限を迎える前に、ロシアのウランに対する米国の依存を高めるというものがあったいうことだ。ロシアには、米国内にウラン濃縮施設を建設するという野心もあったことが文書から明らかになっている。

調査記録によると、FBIの防諜部が最初に汚職による違法な支払いを記録したのは2009年11月のことであり、CFIUS(対米外国投資委員会)がウラニウム・ワン買収を認可する1年前のことだった。

キャンベル氏は、2010年の初めから様々な犯罪行為に関する詳細な情報を、FBIに対する報告書に記録していた。

また、キャンベル氏自身が直接同僚から、ウラニウム・ワンの件に対する反対を切り抜けるための協力を求められていたことが、文書から判明している。

クリントン財団との関係についても、文書から次の内容が判明したとされている。

また、キャンベル氏の報告書ファイルによると、同氏は2010年に、ビルおよびヒラリー・クリントン氏に関係の深いワシントンのある団体についてFBI捜査員に定期的に言及しており、その団体は、米国でのTenex(ロスアトムの販売系関連会社)の事業拡大を支援するために、数百万ドルの支払いを受け取っていたことが分かっている。文書によれば、その団体はロシア人に雇われてから、クリントンの慈善活動に対して資金援助の額を増やし始めた。

ザ・ヒルの記事では、キャンベル氏の職務について全容を知る消息筋の話として、同氏が議会に対して重大な新情報を提供し得るという発言を次のように引用している。

「彼(キャンベル氏)は、ロシアがウラニウム・ワンの認可前に犯罪行為に従事していたと我々が知っていたことを証明できるか。もちろんだ。ロシア人は政治的な影響力を使い、政治的にてこ入れして米国政府からそれを勝ち取ろうとしていたか。その通りだ」

-一般記事
-,

関連記事

オバマ政権の「左翼」政策が情報時代の国家の安全を損なった=ガーツ

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.17> ワシントン・フリー・ビーコンのシニアエディター、ビル・ガーツは月曜日、オバマ政権によって始められた「左翼」政策によってアメリカが有効に「情 …

リークしたコロンビア大学のコミーの友人が証言後に姿を消す

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.8> ブルックリン在住の、あるコロンビア大学教授が木曜日に姿を消したのは、ジェームズ・コミーが上院の証言で、その男がFBI前長官とトランプ大統領の会話を書 …

右派の怒りの矛先はモラー氏へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.25>(抜粋) ロバート・モラー氏に対する怒りが、右派と保守系メディアの間で白熱している。2016年の大統領選挙に対するロシアによる干渉の捜査から、モラー特別顧問は …

FBIが議会にクリントン捜査の新たな資料を提出

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.4> 消息筋によるとFBIは上院の捜査チームに、ヒラリー・クリントン氏の個人メールサーバーに対して当局が行った捜査に関する、数百ページにわたるメモを引き渡し始めた。

ディープ・ステートがトランプの破滅のために起こした「全面戦争」に関するFBI報告書を暴露した新刊:エドワード・クレイン

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017/10/29>(By エドワード・クレイン) ディープ・ステートの存在に疑問を投げかけようとする主要メディアの取り組みは、永続する連邦政府官僚内部の不正に関 …