ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

一般記事

トランプについての主要テレビ報道の9割が否定的(調査結果)

投稿日:

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の調査によると、9月から11月までのトランプ大統領に関する主要放送局3社(ABC、CBS、NBC)の報道の9割以上が、否定的なものだったことが明らかになった。

MRCはこれまでも同じ調査を継続しており、6月から8月までの3カ月間でも今回と同じ91パーセントが否定的な報道だった。つまり、メディアの報道姿勢は相変わらずであるということだ。もちろん、主要メディアに対するトランプ氏の態度も変わっていないと言えるだろう。

ピュー・リサーチ・センターも大統領就任後2カ月間の報道の偏りについて調査結果を発表しており、当サイトでも紹介したが、報道全体を対象にしたその数字でも64パーセントが否定的な報道だった。

12月に入って税制改革法案の議会通過という大きな成果を上げたトランプ政権だが、一方では主要マスコミの否定的な「誤報」も相次いでいる。

ABCは、マイケル・フリン前補佐官の虚偽証言による有罪認定報道をめぐり、トランプ陣営が選挙期間中にロシアとの接触を持ったとする深刻な間違いを報道し、一時は株価にも影響したうえ報道した司会者は停職処分を受けた。

ブルームバーグ・ニュースとウォールストリート・ジャーナルは、トランプ氏本人のドイツの銀行の取引記録が捜査対象として提出命令を受けたと報じたが、実際は本人や家族のものではなく、後日訂正された

CNNは、ウィキリークスが公開前の民主党のメール情報をトランプ陣営に渡していたというフェイクニュースを報道した。故意に誤報を流したのではないかと勘繰りたくなるようなミスだった。

ワシントンポストの記者は、ツイッターにトランプ集会の空席だらけの会場の写真を掲載して皮肉ったが、開始前の写真であることを指摘され謝罪し投稿内容を削除した。

-一般記事
-,

関連記事

サラ・ペイリンがギフォーズ銃撃を自分に結び付けた記事についてニューヨーク・タイムズを訴える

<引用元:FOXニュース 2017.6.27> アラスカ州元知事で元副大統領候補のサラ・ペイリンは、火曜日、2011年に起きたアリゾナ州の議員銃撃事件に自分を結び付けた論説記事をめぐり、ニューヨーク・ …

ジェームズ・コミーの証言でトランプが正しくCNNが間違っていることが判明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.6.7> ジェームズ・コミーが木曜日の朝証言するために事前に準備した証言の文書により、トランプ大統領が捜査対象でないことを3度伝えられたとするトランプの主 …

主要マスコミはトランプについての記事を『捏造』している、有権者はトランプに同意(世論調査)

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.18> 圧倒的多数の有権者は、主要なマスコミがトランプ政権について「ニュース記事を捏造している」という点でドナルド・トランプ大統領に同意している。 …

リポーターがトランプはメディアに公正に報道されていないとコンウェイに語る

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.4.12> ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)のマイケル・ウルフは、ホワイトハウスのカウンセラーであるケリーアン・コンウェ …

アンティファによる「平和的活動家」に対する暴力について正確な記事を書いたワシントンポスト

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.28> 最近、アンティファによる暴力をエスタブリッシュメント・メディアは過小に扱っている傾向があるが、ワシントンポストは、それに反して驚くほど正確な報道を行 …