ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領を応援するニュース情報サイト

記事翻訳

セッションズ長官、ウラニウム・ワン事件の証拠の再調査を命令

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.12.21

NBCのトム・ウィンター、ピート・ウィリアムズ、ケン・ディラニアンの報道によると、ジェフ・セッションズ司法長官は、ウラニウム・ワンの取引における汚職疑惑と、その関係者のクリントン財団とのつながりを捜査したFBI捜査官に聴取を行うよう司法省の検察官に命じた。

NEW YORK, NY – NOVEMBER 13: Former US Secretary of State Hillary Rodham Clinton speaks onstage during The Child Mind Institute Summit: The State of Child & Adolescent Mental Health at The Paley Center for Media on November 13, 2017 in New York City. (Photo by Jamie McCarthy/Getty Images for Child Mind Institute )

NBCニュースより:

複数の法執行機関当局者はNBCニュースに次のように述べた。ビルおよびヒラリー・クリントン氏とのつながりを指摘する批判があり、論争の的になっているウラン取引に対する現在休止状態の犯罪捜査で発見された証拠について、司法省の検察官は、ジェフ・セッションズ司法長官の命令に基づき、FBI捜査官に説明を求めることに着手した。

FBI捜査官に対する聴取は、特別顧問がウラニウム・ワン取引として知られる問題に対して調査することが許可されていたかどうかを調べるために、司法次官補が先月議会に約束した内容を実行しようとする司法省の取り組みの一環であると、ある司法省幹部は述べた。

問題になっているのは、オバマ政権が、米国のウラン採掘施設をロシアの国営原子力エネルギー企業に売却することを許可した2010年の取引のことだ。ヒラリー・クリントン氏は当時の国務長官であり、国務省は、米国の安全保障に対する脅威が見つからないとして取引を許可するにいたった9つの機関のうちの1つだった。

記事の全文はこちら

 

-記事翻訳
-, , , ,

関連記事

情報機関幹部はトランプがロシア疑惑の捜査に圧力を掛けたことを否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.7> 国家情報局と国家安全保障局の長官が、水曜日に、継続中のロシアの捜査についてトランプ大統領から圧力を受けたことはないと証言し、最近報道された内容は否定さ …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

ミュラー特別検察官はトランプがコミーに糾弾されたことと同じことをやっていた:書籍より

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.10> ジェームズ・コミーFBI前長官は上院の議会証言で、当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンを捜査から放免させるよう「指示」を与えていたと訴えた …

クリントンの私的メールの調査は国務省に妨げられたとチェイフェッツ氏語る

<引用元: FOXニュース 2017.3.16> ヒラリー・クリントンが私的メールサーバーで機密情報を扱っていた事を調査している議会委員長は、水曜日に、国務省が要求された文書を提供せずに調査を妨げてい …