ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

投稿日:2018年1月31日

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30

トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

トランプは次のように述べた。

「この政権の不穏な性質を証言する人物に、もう一人参加してもらっています。

彼の名前はチ・ソンホ氏です。1996年、ソンホ氏は北朝鮮で飢餓に瀕する少年でした。ある日のこと、彼はわずかな残飯と交換するために列車から石炭を盗もうとしました。手に入れるのが非常に困難だったからです。彼は空腹で疲れ果て、いつの間にか線路で気を失ってしまいました。手足を列車にひかれて目を覚ましました。それから何度かの切断手術を、苦痛を和らげるようなもののない中で耐え抜いたのでした。兄弟姉妹は彼を回復させるために、なけなしの食料を提供し、自分たちはゴミのようなものを食べて成長が永久に阻害されてしまいました。

その後、彼は中国にしばらく行って帰ってきた後、北朝鮮当局の拷問を受けました。拷問官が知りたかったのは、彼がクリスチャンと会ったかどうかということでした。彼は会っていました。そしてその後、自由の身になることを決心しました。ソンホ氏は、何千マイルも松葉杖をつきながら、自由へ向かって中国と東南アジア中を旅しました。

彼の家族もほとんどが一緒について行きました。父親は逃げようとするところを捕えられ、死ぬまで拷問を受けました。今彼はソウルに住んで他の脱北者を助け、また北朝鮮に向けて政権が最も恐れるもの、つまり真実を放送しています。今彼には義足がありますが、ソンホ、あなたがその古い松葉杖を今も持っているのは自分が来た遠い道のりを忘れないためですね。分かりますよ。あなたの大きな犠牲は私たち全員にとって刺激になります」

松葉杖を掲げるジ・ソンホ氏

-記事翻訳
-,

関連記事

アメリカ特殊部隊、北朝鮮核施設への対抗策を準備

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.5.3>(抄訳) 平壌の核、化学兵器の無力化が戦闘の優先事項 アメリカ特殊作戦軍の司令官が語る アメリカ特殊作戦軍は将来のあらゆる紛争時に備え北朝鮮の …

メラニア夫人が夫の手を握り「すばらしい旅」と大統領の初外遊を振り返る

<引用元:デイリー・メール 2017.5.27> (抄訳) メラニア・トランプはファーストレディとしての初めての外遊を満足げに締めくくる演説を行い、大統領と手をつないでエアフォース・ワンへ向かった。

トランプ=北朝鮮の非核化とは核を一掃すること

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.24> <トランプ大統領とマクロン大統領の共同記者会見の声明から抜粋> 質問:マクロン大統領との会談後、シリアの米軍の引き上げの予定についてはどう考えていますか …

北朝鮮から解放された米市民の父がオバマ政権の対応を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.6.15>(抄訳) 北朝鮮での拘留から解放されたオットー・ウォームビアの家族は、2016年1月に拘留された息子に対するオバマ政権の対応を非難し、今週解 …

ニュート・ギングリッチ:「大統領は大幅な外交政策の転換をもたらしたがメディアはそれを見過ごした」

<引用元:ホワイトハウス(ワシントン・ポスト社説の引用)2017.5.25> 「メディアははかない質問に焦点を当てていた・・・彼らは本当の劇的瞬間を逃してしまっていた。自分たちの目の前で起きたアメリカ …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局